りんごの虫

金沢に百年以上続く「旗」の会社の社長の日記です。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 外山滋比古 「自分の頭で考える」 | main | 能美市 たなか の 最中 手取川 昭和九年  >>

今日の危ない!?

早朝から出勤。その際、 車のフロントガラスが、薄く氷の膜が張っていたので、 ワイパーで取ろうとして、動かしたら、何と全面真っ白になって前が見えなくなった。それもそのはず、 車を動かしながらのことで、かえって、外気が氷点下近くだったせいで、氷が張ってしまったみたい。ハザードランプをつけて、道路の左側に停車して、 内側から団旗でこの氷が解けるのを待っていた。くわばらくわばら!
- | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









RECOMMEND
破獄
破獄 (JUGEMレビュー »)
吉村 昭
犯罪史上未曽有の4度の脱獄を実行した無期刑囚佐久間清太郎。その緻密な計画と大胆な行動力、超人的ともいえる手口を、戦中・戦後の混乱した時代背景に重ねて入念に追跡し、獄房で厳重な監視を受ける彼と、彼を閉じこめた男たちの息詰る闘いを描破した力編。読売文学賞受賞作。
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE