りんごの虫

金沢に百年以上続く「旗」の会社の社長の日記です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 福井県 大野市 下山 新家さん 農業体験 fantastic!! | main | 七夕の日 の 川崎重工業 同期会 >>

熊との共生 クマに遭遇した体験から


4-5年前、 福光 から 二俣を通り 金沢に抜ける道で、 夜8-9時ごろ 曲がりくねった道の先に 何か2つに光る物を見つける。車を運転していたのでゆっくり減速して近づくと なんと 熊の赤ちゃんが道路から崖に降りるところだった。動物園では何気なく見ている熊だが、 野生の熊を身近にみると やはり恐怖を覚える。親熊も出てこなかったのだが、本当に貴重な体験だった。上のパンフレットは、とある農協に行った時にもらったものだが、石川県内には、推定約800頭のクマが生息しているとのこと。くわばらくわばら。 ただ、熊側の視点でいえば、人間の乱開発によって自分たちの縄張りに進出してきているのだから
- | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









RECOMMEND
破獄
破獄 (JUGEMレビュー »)
吉村 昭
犯罪史上未曽有の4度の脱獄を実行した無期刑囚佐久間清太郎。その緻密な計画と大胆な行動力、超人的ともいえる手口を、戦中・戦後の混乱した時代背景に重ねて入念に追跡し、獄房で厳重な監視を受ける彼と、彼を閉じこめた男たちの息詰る闘いを描破した力編。読売文学賞受賞作。
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE