りんごの虫

金沢に百年以上続く「旗」の会社の社長の日記です。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 谷口さんち の 離れ | main | 妹からの手紙 >>

咲いていないときの桜を 見るか? ラジオ深夜便

早朝目を覚まし ラジオを聴いていると りくつな 話が聴こえてきた。花見の時期には 猫も杓子も 桜の話で持ちきりだが そのほかの 夏 秋 冬 には 話題に上がることもない。桜は 人間の評価とはかかわりなく 一年かけて あの綺麗な花を咲かせるのだ という。 まるで アヒルの水かき (アヒルは 池の水面を何気なく泳いでいるが その実 水面下で 一生懸命水を脚でかいている) のようだ!
- | permalink | comments(1) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

先日紅葉を見に行き思ったこと
桜は、春に花が咲きみんなから綺麗と思われる
しかし、紅葉はその年の気候により、今年はあんまり綺麗じゃないとか言われる。
紅葉がかわいそう。
hide | 2013/11/20 8:41 AM
コメントする









RECOMMEND
破獄
破獄 (JUGEMレビュー »)
吉村 昭
犯罪史上未曽有の4度の脱獄を実行した無期刑囚佐久間清太郎。その緻密な計画と大胆な行動力、超人的ともいえる手口を、戦中・戦後の混乱した時代背景に重ねて入念に追跡し、獄房で厳重な監視を受ける彼と、彼を閉じこめた男たちの息詰る闘いを描破した力編。読売文学賞受賞作。
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE