りんごの虫

金沢に百年以上続く「旗」の会社の社長の日記です。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 文字の無かったインカ帝国 驚異の情報の伝達法! | main | 冬の桜並木(上)と 春の 本物の桜並木(下) >>

3.11 東北大地震 で 亡くなった今田祥子さん(当時10歳)の卒業式



お父さん芳槇(よしたか)さんは 娘 祥子産を含め家族6人全員をこの地震で失った。その 祥子さんの卒業式が 教室で 行われ お父さんに 証書が授与された。お父さんのコメント「 折りたたむのがもったいない 気持ちです」と 涙ながらに答えていた。当然のことだが はじめて気づいたのだが、 証書の 通し番号は 空欄になっていた。まだまだ震災の爪痕は 残っている。
- | permalink | comments(1) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

悲しすぎる
hide | 2013/04/05 8:40 AM
コメントする









RECOMMEND
破獄
破獄 (JUGEMレビュー »)
吉村 昭
犯罪史上未曽有の4度の脱獄を実行した無期刑囚佐久間清太郎。その緻密な計画と大胆な行動力、超人的ともいえる手口を、戦中・戦後の混乱した時代背景に重ねて入念に追跡し、獄房で厳重な監視を受ける彼と、彼を閉じこめた男たちの息詰る闘いを描破した力編。読売文学賞受賞作。
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE